カテゴリ:La Vista の特徴( 2 )

ひび割れしない塗り壁工法「Sto」登場!

 サンクレストヴィレッジ「ラ・ヴィスタ」の

外壁材の特徴がひび割れし難い外壁材

Sto(シュト-)を標準としています。




e0327438_22485960.jpg





これまである湿式下地の塗り壁材とは、

異なり、防火サイディングを施工した上に

ファイバーグラスメッシュ+ベースコート+

トップコートと工程を重ねて塗り上げます。




e0327438_2249471.jpg





ドイツ生まれでアメリカをはじめ全世界で

施工され、しかも住宅だけではなく高層ビル

の外壁などにも使われている非常に信頼性の

高い材料です。




e0327438_22505366.jpg





塗り壁の難点はひび割れ、その弱点を

解消する工法として、最終的にStoに

行き着きました。




e0327438_22513229.jpg




おしゃれなRコーナーも自由自在。

その仕上がりの美しさは、是非ヴィレッジで

お確かめください。



e0327438_22515062.jpg


by lavista-living | 2013-08-03 10:53 | La Vista の特徴

「ラ・ヴィスタの瓦」ヨーロッパの伝統に日本の技術

 今回、ラ・ヴィスタの瓦の選定には、

ずいぶん時間をかけて国内外有力メーカー

の瓦を調査し、比較検討しました。



e0327438_14333573.jpg





やはり国内か海外かで迷いましたが、

防水の一番のかなめである屋根は、

やはり日本の風土と気候を知り尽くした、

伝統ある国産瓦メーカーが間違いないと

判断し、国産商品を使用することにしました。



e0327438_14342260.jpg

マルセイユの街並み



しかし、本場のデザインに迫る商品には

なかなか出会えませんでした。




e0327438_14391721.jpg





南仏や地中海沿岸のリゾート地で

使われているものは、ほとんどが

素焼きのS型瓦で、しかも独特の

焼斑があるとても風合いの高いもの

で、しかも一枚の瓦の長さが長くて

幅が日本の規格に比べ、とても

狭いデザインになっています。



e0327438_1439592.jpg





さんざん探した挙句、やっと見つけた

瓦がSL-S型瓦。

最初、やっぱり輸入瓦かとあきらめた

くらい、その風合いは独特の欧風スタイル

を醸し出していました。



e0327438_14402873.jpg




ところが、これが正真正銘の国産瓦、、

三州産の㈱山平さんで、これまでも

弊社のログハウスの平板瓦に愛用

させてもらっていたメーカーでは

ありませんか\(◎o◎)/!



e0327438_14405720.jpg





さっそく、営業担当者にサンクレスト

ヴィレッジ10邸の計画を相談すると、

会長さん自ら来社されて、サンプル

提供から特別価格での商品提供の

相談を快く引き受けてくれました。



e0327438_14413822.jpg





大正2年創業の山平が、イタリア・

スペインなどヨーロッパからの輸入瓦を

日本の気候風土にあうようにアレンジした

国産で唯一、輸入瓦と同サイズの自信作

だけあって、本物志向のラ・ヴィスタの

屋根のラインナップとして申し分は

ありません。



e0327438_14421836.jpg




葺きあがりが楽しみです。



e0327438_14423723.jpg
by lavista-living | 2013-06-22 17:21 | La Vista の特徴


PageTop